インタビュー(篠本師範)

まだ薄っすらと、ほの暗い冬の朝六時。蛍光灯に照らされた駅のホームは、まだはっきり覚醒していない頭もあり、そこだけ別世界のように感じる。反対側のホームに電車が入ってきた。朝六時過ぎの上り電車は、まだそこまで混んでいない。扉の所に見たことのある人がいる。

 

 

色黒で金色の短髪。黄色いダウンジャケットを着ている。手を振ると向こうも気づき、手を振りかえしてきた。お互い笑い合う。電車が出発するまで、なんとなく恥ずかしく、ちょっと横を向いたりして出発を待つ。動き出してから、ちょこんとお辞儀をする。彼は笑いながら去って行った。

 

 

「知り合いじゃなかったら、絶対に近づかないよね」と、彼の前でよく仲間と笑い合う。彼は私のテコンドーの師範、篠本和義だ。

 

 

篠本さんに会ったのは一七年前。その当時は長い髪の毛だった。黒い髪をひとつに結わき、黒帯を締めていた。職業は職人さん。空に近い、高い所で働いている。土日は千葉の海へ波に乗りに行くサーファーであり、火曜日から金曜日までは、仕事の後に調布近辺の道場を4か所取り仕切っている道場長である。五六歳。とてもパワフルな人だ。

 

  

テコンドーを始めて二七年が経つという。始めたきっかけは、仕事の後にお酒をただ飲むのではなく、汗をかいてからが良いと思ったそうだ。空手を元にした、足技が中心のテコンドー。後輩がテコンドーの試合で優勝したのを観て感動し、それを思い出して始めたという。二七年という月日はとても長い。

 

どうしてこれほど長い間続けていられるのか。以前に聞いた時は、「昔悪いことをしてきたからその恩返し」だと笑っていた。「『継続は力なり』という言葉が好きで、その言葉が俺の力になっている。ずっと続けるってなかなか人には真似が出来ない。単純だけどすごく難しい。それをすることによって自分の力になる」と話す。色々な思いがあっての継続なのだろう。

 

 

続けていて良かったことは、いろんな人と知り合えたこと。それに尽きる」と。道場には本当に様々な人たちがいる。小学生から大学生、庭師、会社員、社長、スタントマン、動物のお医者さんなど。仕事の世界だけでは知り合えない人たちに出会える。

 

 

長い年月の中で学んだことを尋ねると、「人は一人では生きていけないってことかな、あんまり絆なんて言葉はわからなかったけど、そういうことなのかな。信用されて信用する。武道ということによって、利害関係が全然ない人たちと知り合えたこと。それは素晴らしい」と、力強い言葉だった。

 

 

なかなか道場に行けない時に、篠本さんから電話やメールが届く。「元気か?」と。仲間を思いやる気持ちが伝わってくる。気持ちが疲れている時に温かさをもらい、自分の居場所を感じることが出来る。

 

 

 

「テコンドーは世界を救う。卓球の選手が卓球は世界を平和にすると言っているのを聞いて、テコンドーもそういうことが出来るんじゃないか。そう思うようにしてる。何ができるかわかんないけど」と、真剣な表情で話してくれた。「辛かったことは休めない」と、にやっと笑った。最後には「自分がどこまでなれるか、それを見てみたい。まだ進化してる。自分の進化を見てみたい」と、これから先の夢を語ってくれた。

 

                                    (H)

 

    

ITF 日本国際テコンドー協会 

   調布道場

アクセスカウンター
テレクラライブチャットキャバナビ出会いメル友